Home › Tag Archives › メイショウマンボ

オークスはメイショウマンボがソツなく抜け出し快勝

オークス

1着 メイショウマンボ
2着 エバーブロッサム
3着 デニムアンドルビー

クロフネサプライズが先手をとり、やや速いペースで引っ張る展開。
サクラプレジールやトーセンソレイユが2番手で並び、メイショウマンボ、エバーブロッサム、アユサンらは中団、ローブティサージュ、レッドオーヴァル、デニムアンドルビーらは後方からという位置取り。

直線を向くとクロフネサプライズはいっぱいになり、先行勢も苦しい状況。
4コーナーは内々を回って直線に向いてから外に出したメイショウマンボが鋭く抜け出し、中団外から伸びてきたエバーブロッサムや、内からはアユサンも脚を伸ばす。
そのままメイショウマンボがエバーブロッサムを1馬身1/4抑え、オークス制覇となりました。
3着には後方から追い込んできたデニムアンドルビー。

勝ったメイショウマンボは中団の内で4コーナーを回り、直線向いてから外に出すロスのない騎乗が光りました。
ペースがある程度速くなったとはいえ、後方からではなかなか届かない今の東京コースの馬場状態を考えれば、この位置取りはベストに近いポジションでしたね。
桜花賞では外枠からずっと外外を回されてかなり厳しい競馬になりましたが、今回は内枠も引いたこともあり、全く逆の展開でレースができました。

フィリーズレビューでの豪快な差し切り勝ちもありますし、力がある事は間違いありませんが、今回はちょうどいい位置でうまく乗れた事もあり、この馬が世代トップかと言うとそうは言い切れない部分もあります。
ただ今回のオークスは完勝と言っていい内容ですし、秋以降この馬がどういうレースを見せてくれるのかは非常に楽しみですね。

2着エバーブロッサムはこちらも位置取りは良く、メイショウマンボとは内と外を通った差が大きかったかなという印象です。
これでフラワーC、フローラSに続いて3戦続けての2着。特に決め手がないタイプでもないので展開1つなのだとは思いますが、あと少し足りないですね。

3着デニムアンドルビーはどうしても後方からの競馬になってしまうのがやはり苦しいですね。
今の馬場状態を考えれば3着まで伸びてきているのは立派で、秋以降に関しても大きな期待のかかる馬ですが、このあたりが直らないようだと安定して結果を残していくのは難しくなってしまうかもしれませんね。